HOME >  Column >  語源からイメージをつかもう!《er, manu 編》

Column

語源からイメージをつかもう!《er, manu 編》

2021.06.29  er,manu,語源

ん――――んんんん…どれにしよ…

さっきからテレビ画面見たまま何を悩んでるの。新しいゲーム?

あ―、うん。『モンバス5』買ってもらってさ

…もん…ばす?

モンスターバスター5。オンラインでモンスターと戦うゲームなんだけど海外でも人気なんだって。後で友達みんなで遊ぶから、今のうちにキャラ作っておかないと

あ―…そういうことね…

剣のソードファイターかなぁ。あ― でも槍のランサーもカッコイイし、弓のアーチャーも楽しそうなんだよなぁ

ちなみに璃緒馬が今言ったモノ、全部英語なの知ってる?

そうなの?

ええ。『swordfighter』『lancer』『archer』ってね。もちろん『monster buster』もだけど

そうなんだ。じゃあアメリカでも通じるんだ

そうね。ちなみに語尾に『~er』や『~or』をつけると“~をする人”の意味合いになる事が多いから、『Sword fight : 剣で戦うこと』+『er : をする人』で『Swordfighter』になるのね

ん? じゃあもしかして、学校の先生が『teacher / ティーチャー』なのって…

そ。『teach : 教える』+『er : をする人』ってこと

へ― そういう仕組みなのか

だから、ぱっと見よくわからない長い単語でも、語尾に eror がついてる場合には職業とか専門職の人を意味している事が多いのよ

▼ 語尾に eror がある職業・専門家の単語例

【 announcer 】アナウンサー
【 designer 】デザイナー
【 police officer 】ポリスオフィサー : 警察官
【 writer 】ライター : 作家
【 doctor 】ドクター : 医者
【 illustrator 】イラストレーター
【 director 】ディレクター : 監督

他にも、そういうのってあるの?

あるわよ。『man(u)』ってのが頭に付く単語はたいてい手に関係する言葉だったりするわね

手……?

manufacture』は、“手で作る”から “製造する” みたいな意味になってたり、『manner』は “手のやり方” から “方法” や “作法” って意味になるわ

▼ 語頭に man(u) がある、手に関わる単語例

manufacture 】マニュファクチャー:製造する
manuscript 】マニュスクリプト:原稿
manual 】マニュアル:手引き
manipulate 】マニピュレート:うまく扱う
manner 】マナー:方法、作法

は― 英単語も色々規則的になってるんだな……

そうね。知らない単語でも決まり事を知っていれば、おぼえるのも楽だと思うわ

よし、決めた!

お? 早速勉強しちゃう

今の僕は『monster baster』だから、勉強はガッツリ戦った後で!

プロゲーマー(professional gamer)気分もほどほどにね