HOME >  Column >  その言葉は英語だと通じない!?

Column

その言葉は英語だと通じない!?

2021.08.27  イヤホン,クレーム,テンション

イェ ―――― イ♪

どっ どーしたの?ご機嫌すぎない?

この曲すごくテンションが上がるんだよね♪

えっ?この曲でテンションは上がらないから

へっ?どういうこと

英語で『テンション / tension』は、どちらかというとネガティブな表現だから、この気持ちのイイ曲で“テンションが上がる”とか“ハイテンションになる”って、おかしな表現なのよね

それは英語で使う場合でしょ。まるでクレームみたいな言い方しないでよ

はいっ出た――それもダメ ――!

はあ?

英語で『クレーム / claim』は、『主張する』って意味で『苦情』じゃないのよ

も――――っ!

というように日本語で使っている言葉って、英語の意味と違う事があって英語では通じないからね

▼日本語と英語では意味が違う単語例

テンション / tension 】緊張を表し、あまりポジティブな意味で使わない
――英語で「テンションが上がる」は「I’m getting excited!

スマート / smart 】賢い、頭が良い
――英語で「 日本語のスマート“細身” 」は「slender

サイン / sign 】記号、標識、看板
――英語で 「日本語のサイン」は「autograph : 有名人のサイン」「signature : 署名」

マンション / mansion 】大邸宅、豪邸
――英語で「日本語のマンション」は「apartment

クレーム / claim 】主張する
――英語で「日本語のクレーム」は「complaint

ハンドル / handle 】取っ手、柄
――英語で 「日本語の〈車の〉ハンドル」は「steering wheel

さらに日本語には和製英語なんかもたくさんあるから気をつけてね

も~~好きな曲を聴いてるのじゃまされたよ~~イヤホンで聴き直そう

あっ『earphones』は通じるから大丈夫よ!

は ―― それはよかった